男性 女性 仕草 行動 癖 心理

人の仕草、足を組む心理とは

スポンサーリンク

上半身に比べ、足やつま先などの下半身の動きは嘘がつきにくく、その人の本音や心理が表れやすいです。
特に足の動きや組み方は、立っている時ではなく、自由に動かすことのできて意識することが少ない座っているときに感情が表れやすいです。
そのため、学校や座ることの多い仕事をしている方、電車などのあまり座り方や足の動きを意識していない時にその人の心理が表れている可能性が高いです。
また、恋愛中の男女では足に感情が表れやすいので、行為を持っている人や興味のある人、片思い中の人などが目の前にいると、自身では意識をしていなくてもその気持ちが足に表れていることがよくあります。
しかし、面接や初対面の方との食事の席などの緊張している場面ではその緊張が足にまで伝わって制御している場合が多いため、そういう場面ではその人の本当の心理や感情・性格は見えにくいかもしれません。

スポンサーリンク

足を組む仕草をする人の心理は、その組み方によって変わります。
男女共に足を組みますが、足を緩く組んでいる場合は居心地の良さからリラックスをしている、もしくは悩み事や不安があったり、疑問があったりするときにも無意識に出ている仕草です。
一方で足を強くギュッと閉じるようにして組んでいる場合、周囲に対して警戒心を示していたり、周囲からの拒絶や防御を示しているサインです。
もし目の前にいる人が強く足を閉じている場合、拒否反応を示している可能性があります。
ただ、本人にとっては無意識な仕草のため、直接本人に真意を確かめても否定されるかもしれません。
また、女性が男性の前で足を組んでいる場合、その男性に対して興味を持っていたり、話しかけてほしいといった思いを持っている可能性があります。
片思いの女性が目の前にいて足を組んでいた場合、もしかしたら脈ありということかもしれませんので話しかけてみるといいでしょう。

スポンサーリンク