仕草 心理 顎を触る

顎を触るという仕草に隠されている人間心理について

スポンサーリンク

人が起こす行動や仕草の中に顎を触るというものがありますが、これは心理学上では次のような意味合いとなっています。
一般的に話し相手より自分の方が優位な立場になっている時に、このような仕草が見られることがあります。
分かりやすい事例だと職場での上司と部下の関係の時に、時々こういった動作を行ってしまう傾向があります。
一般的に行われることが多い動作となっており、会社や企業ではよく見かけることがあります。
これが上司と部下なら問題はありませんが、同僚同士で行うと人間関係が悪化してしまう可能性があります。
こういった動作をする方については、相手と自分の身分を見極める癖があることが多くなっています。
ですのであまり多用をしない方が良い動作となっているので、人間関係を良い方法に形成させていく場合には注意が必要となります。

スポンサーリンク

 基本的に顎を触る動作や仕草における人間心理状態として、相手よりも自分が優位に立っていることを出ることが多いです。
しかしこれ以外の意味もある動作となっており、2つめとして本心を悟られないようにする時にも行われることがあります。
これは自分の本心を知られたくない場合において、時々行われることがある傾向があります。
カードゲームやトランプなどを楽しんでいる時に、こういった仕草を行ってしまう方が時々います。
この場合における意味合いについては特に悪い意味はないため、上記のように相手を見下すといった感じではないです。
ですがその分自分の本心を明かすことが基本的にないので、ある意味ではコントロールしやすい傾向もあります。
顎を触るという動作における心理状態として、主にこういった意味合いがある動作や仕草となっています。

スポンサーリンク