仕草 心理 意味 鼻をさわる

鼻をさわる仕草が意味する心理状態について

スポンサーリンク

人の仕草の中に鼻をさわるという動作や行動をすることがあり、これには心理状態や意味があるものであるとされています。
1つめに恥ずかしい状況に陥った時やケースによっても、こういった仕草をしてしまうことがあります。
こういった時には本当は顔全体を隠したいと思っている場合でも、それが出来ないため鼻だけを隠すことがあります。
何が恥ずかしい経験をしてしまった場合においても、同様に鼻をさわることで恥ずかしさをごまかしていることがあります。
これは男女共通している内容となっており、恥ずかしさが強調されているときに無意識のうちに行ってしまいます。
また自分の感情を相手に感じられたくない場合においても、同様の行動を取ってごまかすというケースがあります。
ですが一般的には、恥ずかしいという気持ちを隠すために行われる仕草や動作となっています。

スポンサーリンク

 2つめの鼻をさわるという仕草が意味する心理的状態については、単なる癖である場合が強くなっています。
特にメガネをいつも着用している方に多い癖でもあり、このような人たちは無意識にフレームを上げることがあります。
その際に鼻に触れてしまうことがあるため、それがいつのまにか自分の癖として定期的に行うようになってしまいます。
これはメガネをかけていない時でも同様であり、鼻をさわる行動や動作をすることで精神的に落ち着きを取り戻す意味があります。
そのため緊張した場面の時にも出やすい傾向があり、自分をリラックスさせるために行う場合もあります。
共通していることとして、この動作や仕草については意識しないで無意識の状態で行うということになります。
なので本人は鼻をさわるという行動に対して、当たり前の習慣として思っていることも少なくないです。

スポンサーリンク