仕草 心理 目をこする

目をこする仕草から分かる心理状況

スポンサーリンク

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、人間にとって目は相手の感情を読む上で非常に大きな要因と言えます。
相手に対し怒りを覚えれば目は吊り上がりにらみつける形になりますし、気分が落ち込み悲しい時には伏し目がちになり涙を落とします。
感情の変化が読みやすい仕草は目元の変化に限らず、視線の方向を注視するだけでも心理状態を読む事ができます。
会話中にふと視線を明後日の方向へ外したのならば、それは相手の言葉に賛同できないといった否定の意味合いを持ちます。
あるいは嘘をついていたり、後ろめたい隠し事がある場合には瞬きの回数が不自然に多くなります。
こうした目元の変化を意識しながら日常を過ごすことは、コミュニケーションの手助けになってくれることは言うまでもありません。
さらに目に注目した心理の探り方は、他の部位と併せることでより強固なものとなります。
目元がゆるみ、さらに口元に笑みがこぼれていれば本心から笑っている証になりますし、視線を背けて頬を掻くといった行為は隠し事があるとより強く確信できるようになるのです。

スポンサーリンク

それでは、目をこするといった手を使う仕草にはどのような心理学的意味があるのでしょうか。
一般的には目にゴミが入って目をこする、眠気を覚えて無意識に目をいじるといった仕草が思いつきますが、目的が定かである仕草には心理的には意味合いはないとされます。
では会話の際にふと目をこすったのならばどうでしょうか。
その仕草には目的が不鮮明であるという違和感とともに、心理的な意味合いを見つけ出す事が出来るのです。
散々示した通りに、目というものは他の部位に比べても非常に感情が現れやすいです。
目をこする行為は手で目を隠すことと同意の行為であり、つまりは感情を隠したいという意図が生まれます。
人間が自分の感情を隠したいと思う場合は、後ろ暗い気持ちであることが多いです。
つまり目をこするという行為は何か隠したいことがあり、それを相手に悟られたくないというごまかしのサインと言えるわけです。

スポンサーリンク