仕草 心理 耳を触る

耳を触る仕草はどういった心理なのか

スポンサーリンク

耳を触る仕草というのは結構している人がいます。
その仕草はどんな心理を表しているのかというと、意識が他に向いていることを意味します。
例えば会話をしていて相手が耳を触る仕草をしたら飽きているということです。
ですが会話のうまい人などはこの心理をうまく利用します。
例えば相手が仕事上での話しをしているときに相手が耳を触り始めたら、すぐに違う話に切り替えてしばらくしたらまた前の話題にさりげなく切り替えるのです。
こうすることで相手は話を飽きずに聞いてくれることが多いです。
こういう人は人から好かれたり、面白いと好印象を持ってもらえたりします。
ですからこの仕草を上手に利用すると共に正しく理解する必要があります。
全てが飽きるといったことを示しているわけではないです。
例えば小さいころから耳たぶを触っていていまもその癖が抜けないということもあります。

スポンサーリンク

会話中などでなく何気ないときに耳を触っている場合は飽きという心理でなく別の心理が働いています。
それは苦手なことや嫌だなと思っていることなどが多いです。
しかしこの仕草はほぼ無意識にされるものですので、治すというのは案外時間がかかります。
ですが会話の最中などにしていると人それぞれですが、不快に思われてしまう場合があります。
ですから一度自分はどんなことを無意識にしているのかなどをさりげなく考えてみるのも賢明です。
相手に不快感を与えないようなことならいいのですが例えば手をいじってしまうという場合、あからさまにあなたの話には興味がないですといっているようなものです。
ですから自分が不快になるようなことはなるべくしないように気をつけていくのが大事です。
また相手の心理などを上手に読み取って話をすることもできるようになります。

スポンサーリンク