仕草を真似する心理

仕草を真似する心理について解説

スポンサーリンク

時々見受けられる仕草を真似する心理について解説します。
無意識で行っている場合は自然な対応なので自分と親しくなろうとしているか元々近しい関係と考えて良いのです。
心理学でミラーリングというものがありますが、あれもそもそもは親しい人間関係とは近しい行動をしがちというところから来ているのでそういうところから理解しておくと何かと役立つでしょう。
上の事から相手が自然となぜか自分の仕草を真似ているようなら相性が良いという事が言えますので、どんどん仲良くなっていける事でしょう。
そういう場合、仕草だけでなく自分の趣味や好みも理解される場合が多いので自分を段々と出していってみるのもおすすめします。
そしてその場合には、相手の趣味も理解してあげるとより一層仲良くなっていけるので、お互いに行ってみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

 

更に仕草を真似する心理についての解説として意識的に相手が真似てきている場合の対処法をお知らせします。
意識して真似ている場合は、あなたと親しくなろうとしてはいるのですがわざとしてきているために本質的な相性の面で合わない事はありえますのでそこは注意が必要です。
そして仕事であれば取引先、客の時は店員の人が意識的に真似てきてあなたの好意を得ようとする事がありますので、あまり真に受けないようにして自分のメリットになる部分だけ受け取れるように、訓練するのをおすすめします。
それに、自分でも仲良くなりたかったり長期的な関わり合いにしたい場合は自分も相手に合わせてみたりすると、結構幅広く人と関われるようになりますので自分の人脈を広げる際に使ってみても良いでしょう。
その際にはあからさまにやるのでは無く、出来る限り自然な感じになるように心掛けるべきなのです。

スポンサーリンク