しぐさ 心理 手の動き

しぐさと手の動きと心理について

スポンサーリンク

手に関する事も知っておくと相手の心理が分かるのでお知らせします。
手というのは心の窓のようなものなので、開いていると心も開いており閉じていると拒絶していると受け取って良いのです。
なので、話している人の手のあたりが見える場合相手の言葉だけでなく手の動きにも注目しておくと、真意がより一層見えるのです。
例えばきっちり座り手を握りこぶしにしている仕草が見えたらちゃんとしようとしているが嫌われないように緊張していて心を開く事が出来てない状態と受け取って良いのです。
なので、こういう場合は自分の側からなごめる話や真面目すぎない話をしてあげると打ち解ける事が出来て、その後の話も円滑に進み易くなるのです。
反対に手を開いているところが見えたら、心を開いているといえるのですぐに本題を切り出してみるのもおすすめの手法なのです。

スポンサーリンク

更に手のあたりの心理を解説します。
さきほど書いたように手は心の窓のようなものなので洗うのも心を清める働きがあると見なして良いのです。
例えば神社などで清めの水を使いますが心を清める働きも含んでいると考えられるのです。
そして、手を洗う回数が多い人を見かけたら出来ればきっちり話を聞いてあげると良いのです。
なぜなら心に良くない影響があってそれを洗うというしぐさで解消している事が考えられるからです。
更には、異性と手を繋ぐというのも心の窓という視点を持っていると、内面から繋がりたいという事の表れとも取れるのです。
なので、異性と手を繋ぐ事が出来たら自分に心を開いているという事なのでその後もデートを重ねていくと良いでしょう。
最後に他の豆知識として、握手の時にも力を込めて行っているか確認しておくと自分との信頼関係を量れる事も知っておくと、どこかで役立つでしょう。

スポンサーリンク