仕草でわかる男性心理

仕草でわかる男性心理のサイン

スポンサーリンク

嘘をついているときは目を逸らす等、暫し耳にする事がある仕草と心理の関係ですが無意識に出てしまう小さな癖や仕草、そこから相手の心理を読み取る事でビジネスやプライベートでの人間関係を上手く運ぶ事ができる事があります。
ビジネス、プライベート仕草でわかる男性心理は幾つかあります。
会話中の相手が自分に対して心を開いている場合、相手の体や足先がきちんと自分の正面を向いている、ジェスチャーに対して同調の仕草を見せる、不自然な距離感が無く僅かに近付いても離れる仕草を見せない等が挙げられます。
逆に会話中にもせわしなく自分の眉や鼻、口元を触れる仕草は本心を隠している或いは嘘を付いている場合に見られる仕草の特徴です。
また、チラチラと視線を他所に動かしたり頻繁に時計に触れる仕草はこの場を切り上げてしまいたい心理が働いている際に見ることができます。

スポンサーリンク

この様に小さな仕草でわかる男性心理は相手の心を読み取る際に使うことができますが、逆に自分自信が意識的に使う事で、コミュニケーションを円滑に進めたり相手との距離を縮めるテクニックとして取り入れる事も可能です。
会話中に相手の目をじっと見る仕草は、自分に興味を持ってくれていると受け取りがちですが逆に気の小ささや猜疑心による仕草です。
会話中は適度に視線を相手の口元に逸らす等、屡々視線を意図的に逸らす方が有効です。
また、パーソナルスペースにおいては相手の左側をキープする事で男性心理に効果的に働きかける事ができます。
感情を司る右脳は体の左側に影響している事や本能的に守りたい心臓が左側にある為等の説がありますが、特に女性が左側に位置する事で心理的な安定感を得る事が出来るのです。
その為、距離を縮めたい男性と会話する機会がある際には意図的に相手の左側のポジションで話を進めると、より円滑なコミュニケーションが可能となるのです。

スポンサーリンク