女性 嘘 仕草

女性が嘘をつくときの仕草について

スポンサーリンク

後ろめたいことがあったり、相手に知られたくない事があると本当の事を知られないようにしますが、その中で女性が嘘をついたときの仕草を紹介します。
女性は男性よりも話したり他人とコミュニケーションする能力が秀でている傾向にあり、口喧嘩の際女性が勝つ比率が高いです。
そして男性よりも女性は嘘が上手いといわれています。
男性の場合わかりやすく表情や仕草に表れそれが原因でばれてしまいます。
表情としては、目線を合わせていると心を見透かされている気がするという理由で目が泳いでしまったり、視線が右上を向く事でどのように嘘をつこうか考える事がわかっています。
仕草だと落ち着きなく貧乏ゆすりをしたり利き手を隠すように握りしめたりなどです。
言い訳として会話をしていても動揺して、ちぐはぐな返答をしたりなどこのような点からわかります。

スポンサーリンク

逆に女性が嘘をつく際は、視線はずらす所かじっと相手の目を見つめたままが多いです。
不自然な印象を与えないように努めようと思考を働かせるので、いつもと変わりなく会話をしようと心がけます。
視線を変えず相手をきちんと見る事で、相手の出方を見極めどのように対応するか考えています。
しかし変に反応をしないように心掛けるあまり、動作がなくなり体が強張りやすくなります。
なのでいつもより動作や体、顔の表情が強張っていたらその可能性が高いです。
そして頬や顎、手をさすったりと無意識に考える仕草が表れることもあります。
言動から慌てる以外にも逆に相手に怒鳴ったり、相手の言葉を引用して話したりします。
自分の事を疑う相手に対して怒ることで、これ以上の追及をさせない為でありどのように弁解しようか時間を稼いで嘘を貫こうとします。

スポンサーリンク