服を触る 心理

よく服を触る人の心理!

スポンサーリンク

服を触る人の心理についての解説を始めます。
人間観察をしている訳でもないのに、疑問に感じてしまう人の不思議な仕草や行動って誰もが気になっているのです。
その仕草や行動が浮きすぎている余り、よく服を触る人が次第に気になり始めてしまうケースです。
逆に、ご自身がそのような仕草や行動に出てしまっていることもないでしょうか。
服なら誰だって触ること自体が当たり前ですし、乱れたシャツを直したりします。
ですが触る必要のない場合であっても触っていることに何か理由があるのだとしたら気になる話です。
この服を触ることには心理的な欲求があります。
触っている時というのは不安な状態であったり、緊張しているといった落ち着かない気持の状態なのです。
心理的には服を触ることで以上の状態を紛らしているのです。
例えば異性があなたを前にして同様の仕草や行動をしている場合は、好意を寄せていると言うことです。
人は少しでも好意を寄せる異性に気に入ってもらいたいや、自分を認めてほしいと意識しています。
この意識はポジティブかネガティブかで大きく変るのです。

スポンサーリンク

全ての方がそだということではありませんんが、願いや想いが強くなればなるほどネガティブに向う傾向は高まります。
例えば「嫌われてしまったらどうしよう」と考えたり「自分は今どう見られているんだろう・・・」と好意に対して不安に感じる経験はあるはずです。
逆に自信満々である場合は、このような仕草や行動にでることはありません。
ですから、自信をもって接している場合や、慣れた相手を前にして浮いた仕草や行動に出ることはないのです。
もし貴女の周囲で同様の仕草や行動をとっている方が居るとしたら、周囲をよく観察してみて下さい。
その仕草や行動の向う先には気になる対象が現れているはずです。
貴女ご自身に向けられた同様の仕草や行動が見受けられる場合は好意又は恐れ(不安)などの現れです。
最後になりますが、緊張や不安の中にあるこの仕草や行動は人であれば誰しもが無意識に現れてしまう自然なことです。
是非、ご理解の上でその緊張や不安を自然な形で和らげてあげようと意識してみて下さい。
きっと相手にはその想いが伝わりますし、何ごとも円滑に向うのです。
恋愛に対する好意と判断される場合は、受ける又は拒むという二択になってしまいますが、どちらに進むにしても先ずは相手を認めてあげて下さい。
私達動物は心理によって反応し行動する生き物です。

スポンサーリンク