手で顔を覆う 心理

手で顔を覆う心理について

スポンサーリンク

あなたの周りに手で顔を覆う仕草をしている方を見たりすることがありますか?
別にあなたがそうした仕草をしている場合でも構いません。
これは決して悪いことでもありませんし、ごく自然な仕草や行動と言うことになります。
手で顔を覆うであったり、隠すと言う表現を使うことがありますが、意味合いは同じです。
ですが、手で顔を覆う心理は一つではないのです。
決まってこう言った心理だと断言できるものが無い仕草、行動でもあります。
こどもが、照れ隠しで、顔を手で覆うことがあります。
同然、心理的には恥ずかしいと感じていたり、緊張の現れを隠しているのです。
言ってみれば、相手が見ている対象が自分であることに対して、恥ずかしいや、緊張を感じており、相手の視線さえも受け入れがたい心理にあります。
なので、顔を手で覆い隠す際に、目も一緒に隠してしまうのです。
こうした仕草や行動をとっていても、人の好奇心はとても深く、顔を手で覆う仕草をしていても、しっかり相手の反応を観察しようと手の隙間から除きこんだりしてしまうのです。
自分がどのように見られているのか羞恥心は好奇心にも変ることがあります。
こうした心理状態で顔を覆うこともあれば、全く違う心理として、物事に衝撃を受けてしまい手で顔を覆うこともあります。

スポンサーリンク

いわいるショックを受けた状況などで手で顔を覆い隠し、現実を受け入れたくないような心理の現れでもあります。
決定的なシーンでチャンスを物にできなかったような時に、こうした仕草、行動は誰にでも現れてしまうものです。
クイズ番組などで、ビッグチャンスを逃してしまった時などに、よく見かける光景が正にこれに当たります。
それから、別に笑いをこらえたり、その笑いをこらえながらも必死で笑う自分自信の顔を手で覆い隠すこともあります。
みなさんもそのような仕草や行動をとることはありませんか?
これには、その時の置かれた状況に大きく左右してしまうのですが、大きく笑うことがはばかられるようなシーンで現れる心理です。
どうしても笑いたいのだけれども・・・相手にとって失礼となっては申し訳ないという心理から手で顔を覆い隠すことをします。
色々と心理がそこには存在しますが、決まって多くの場合は、この心理は一人きりである時には現れにくいということです。
しかしながら、何かに思い悩んでいる人が手で顔を覆い隠すようなシーンもありますよね。
そうした場合は一人で自室にこもり、そうした仕草や行動をとってしまうこともあります。
この際の心理は言うまでもなく、悩みや苦しみが大きく影響しております。
こうした仕草、行動によって深く物事を一人で考え込んでいる場合などに現れています。
手で顔を覆う心理と言っても、そこには様々な心理があるということを今回はご紹介しました。

スポンサーリンク