目を伏せる 仕草 心理

目を伏せる仕草から心理を読み解くには

スポンサーリンク

だれもが一度は耳にしたことがある「目は口ほどに物を言う」と言うことわざありますよね。
これって本当にその通りなんですよ。
相手の目から多くの心理を読み解くことができるのです。
目の動きや、まばたき、視線などから様々な心理を知ることができま。
交渉のベテランは相手の目を見ることで、心理を読み解き、次の一手を頭の中で練り上げていくのです。
それから、告白をしたりした際などでも、相手の返事を待たずに、相手の目から成り行きを読み解く術もあります。
こうした心理が全てにおいて的中するわけではありませんが、目が口ほどに物を言うことは事実です。
今回は、目を伏せる人の心理についてご紹介します。
相手がもし目を伏せる仕草を見せた場合ですが、伏せるを解りやすく解説すると視線を下に向けることです。
視線を逸らすと類似しているようですが、今回の場合ですと視線を下に向ける場合ですので注意して下さいね。
では本題に戻りますが、こうした仕草が持つ心理は、相手があなたに対して好意を持っている場合もありますし、その逆もあります。
その逆とはつまり、好意を持っていいないということになります。

スポンサーリンク

なんだかスッキリしない心理に感じますよね。
それでは、相手の心理を読み解いたことになりませんよね。
目が合った時にサッと視線を下げるような場合は、あなたに気がある、又は興味や好意を寄せている場合があります。
世間的に言うと、脈ありサインということになります。
ですが、先ほど説明した通り、逆のパターンだと相手はグッと瞬きをして下を向いたりします。
少し眉間に力が入ったような瞬きなど、相手はあなたを警戒していたり、あまり好ましく思っていない場合もあるのです。
いずれにしてもそうした目の動きから、相手の心理を読み解くことはけして容易いことではありません。
今回ご紹介しました目を伏せる人の心理には二つの働きがあることを解説しました。
とても似た目の動きは沢山あります。
目を横にそらすなどが良い例にあります。
この場合の心理は、警戒や、嫌悪を持っていることがあります。
ですがこうした仕草からの心理が全て正しいと言うことではありませんよ。
ちょっとした傾向として知っておくことで、そうした心理を読み解くこともできると言うことです。

スポンサーリンク