腕をさする 心理 仕草

腕をさする仕草をする人の心理について

スポンサーリンク

色々な仕草や行動がありますが、腕をさするという仕草があります。
あなたはそうした仕草をするほうですか、それともそうした仕草をしている人を見ている人なのかもしれません。
仕草や行動には必ずその場、その時の心理が働いていると言われています。
今回は腕をさする心理についてご紹介します。
人が手で腕をさするこの仕草には、不安な心境というものがあります。
そうした時というのは、落ち着かないですよね。
頭の中は、不安なことで一杯になっていると、冷静ではいられなくなってしまいます。
そうした状況の時は、何を考えてもまともな考えすらできなくなってしまうものです。
そのような心境である時に、人は腕をさする仕草をとることがあります。
そうした仕草は比較的に男性より女声に多いと言われているようです。
例えば、子供の帰りが遅くなっていることを心配する親の心境は不安な気持ちで帰りを待つことになります。

スポンサーリンク

腕をさすることは、不安や戸惑いという心境を映し出していることになります。
でも何故腕をさするのかと言いますと、そうした心境であっても人は問題に立ち向かおうとする一面を失いません。
潜在意識の中で人は、問題に立ち向かうために懸命に脳が活発を行っています。
腕をさする心理には、そうした心境であっても自分をなだめようと無意識のなかで腕をさすっているのです。
落ち込んでいる人や、悩みを抱えて座り込んでいるような人を救おうとする時に、人はよく背中などをさする行動にでますよね。
子供を寝かしつける際など、胸をさすりますよね。
体をさするということには、落ち着かせる効果であったり、気持ちをなだめたりする効果があります。
腕をさする心理についてご紹介してきましたが、女性にこうした仕草をとる方が多いということは冒頭にお伝えしました。
こうした仕草をしている女性がいたら、一緒に背中をさすってあげたり、気持ちを落ち着かせるような言葉を掛けてあげることが必要です。
勿論、男性でも同じことが言えますね。

スポンサーリンク