しぐさ 心理学 手 無意識

心理学的に心を開いている無意識なしぐさは手のひらを見せること

スポンサーリンク

心理学的に、自分と話している対象の人が自分に心を開いているかどうか、これは以外にも無意識に態度に表してしまっていることが多くあり、対象の人の心理がわかってくることがあります。
とくに手のひらは、その気持ちをあらわすことを確かめるのにはわかりやすいところでして、そのしぐさによって自分と話している対象の人からどのように思われているのか、おおよそのことはわかってくるものです。
たとえば、自分と話をしてくれている対象の人がうでを組んでいたりポケットに手を入れていたりしますと自分に心を開いていないあらわれとなっている場合があります。
または自分と話している対象の人が本音を知られたくない気持ちのあらわれでもあったりします。
いわゆる警戒心や距離感を覚えていることでもあるわけでして、その場合は話し方を帰る必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

もし、自分と話している対象の人が、自分に手のひらを見せたしぐさをした場合は、対象の人は自分に心を開いている可能性があります。
実は手のひらこそ心のあらわれともいえるらしく、話をしているときに見せているか見せていないかで対象の人の心がわかってくるものなのです。
なので人見知りが強い人や、なかなか話をするのが得意でない人は、なかなか心を開くことができないため見せないように無意識に態度にあらわしているのを多く見られます。
逆に社交的な人や誰とでも打ち解くことができる人は、無意識にそのしぐさをあらわして話している姿を多く見られます。
なので、自分と話をしている対象の人が自分に心を開いて話しているのかどうかを確かめるために、手のひらを確認しながら話をするとその気持ちを理解することができるようになっていきます。

スポンサーリンク